お金は貸さずにあげる

"お世話になっている人がお金に困っていたら…その金額が低く、緊急性のあるものならば迷わずお金を貸します。

しかしその場合は相手が必ず収入がある状態であり、返金の見込みがある事を条件とします。

もしもお世話になっている人が職を失ったり、何らかの理由で借金を抱えた等で返済の見込みがなく「お金はなんとかして作って返す」という話しならば、少額ならばそのお金を貸すのではなくあげます。

まず考えられるのは返済するのはかなり難しい状況であるのにお金を貸してしまう事で相手が返済をするまでお互いの関係が必ずギスギスしてしまう事や、返済をこちらからも頼みずらく、相手側との上下関係が出来てしまう事が苦痛な為、貸すという行為ではなく「なんとか乗り切って欲しい」という気持ちを込めてお金をあげます。

しかしこれでお金の貸し借りやお金をあげる行為はその先二度となしとし、最初で最後の事とします。

金額が大きい場合にはトラブルの元となるのであげる事も貸す事も絶対にしません。"


友人同士のお金の貸し借りについて