「nanaco」生活

"私が使用している電子マネーは3つです。
長く使用しているものから、鉄道系の「PASMO」、コンビニ系の「nanaco」、商業施設系の「WAON」。
どれもオートチャージ方式はとらず、必ず現金でチャージをして使用しています。
どの種類も多くて5,000円程度しかチャージしません。
カードの紛失が怖いのと、お金を使っている感覚が薄いので、うっかり無駄遣いをしないためです。
電子マネーを使用するメリットとしては、やはりポイントが貯められること。
特に「nanaco」は近年、そごう西武の食品売り場でも決済できるようになったので、会社帰りのおつかいや、お世話になっている方への贈り物・お土産を購入する際には、必ず「nanaco」を使います。
お菓子の詰め合わせなどを購入すると一度に3,000円くらいはすぐ使ってしまいますが、その分ポイントで還元されると思うと、単純に現金やクレジットカードで支払うよりお得感があります。
支払いの時点で残高が不足していても、売り場のレジですぐ現金チャージできることも助かります。
また最近は欲しいと思った新譜CDは必ず「セブンネットショッピング」を使用して購入するようにしています。
以前は「amazon」を利用していましたが、ポイントが「amazon」でしか利用できないのに対して、「セブンネットショッピング」では「nanaco」ポイントが貯まるので、その後を考えるとやっぱりこちらに軍配。
私の暮らす近所にはセブンイレブンが圧倒的に多いことも「nanaco」が活用される要素の1つです。
貯まったポイントもセブンイレブンのレジですぐに電子マネーと交換してくれるので、クレジットカードでのポイント交換のように余計な手続きがないのも助かります。
レジでの支払いもスムーズで、ポイントも貯められる電子マネーはもはや無くてはならない存在。
でも何枚も持つのは野暮なので、この3つからは増やさないつもりです。"


安定した収入のない大学生がクレジットカードを作る